そもそも旅行傷害保険とはいったいどんな保険なのか

旅行傷害保険は本来、旅先で事故にあって怪我をしたり病気にかかった場合に、所定の手続きをとることで一時金が支払われて治療に用いることができる損害保険を指します。しかし、近年は滞在先で荷物が破損や盗難といった被害にあった場合や、搭乗するはずだった航空機が遅延や欠航をした場合にも一時金が支払われるようになっており、旅行時に遭遇したトラブル全般に対する損害保険としての性格をもつものになっています。

 

旅行傷害保険にはどうすれば加入できるのか

旅行傷害保険は、他の多くの保険商品のように代理店を通じて申し込んだり、損害保険会社の公式Webサイトから直接申し込む方法のほかに、出発する空港の窓口で手続きをする方法や、旅行代理店から申し込む方法をとっても加入することができます。旅行傷害保険は余裕をもって出発日より少し前に加入しておくことが推奨されますが、もし忘れてしまっていた場合でも各損害保険会社が空港のターミナルビルにカウンターを設置してスタッフを常駐させているので、出発前に手続きをとることが可能です。契約に必要なものは保険会社によって異なるので、事前に問い合わせて確認してから準備に入りましょう。

 

クレジットカード付帯の旅行傷害保険における注意点

クレジットカードの中には旅行傷害保険が付帯されているものが少なくありません。もし、このようなカードを持っていれば、わざわざ損害保険会社と加入手続きを取らずとも、滞在先でトラブルに遭遇した場合に指定された方法をとれば保険金を受け取ることができます。ただし、カードによっては旅行代金をカード決済しなければ保険が有効にならない場合があります。グレードの低いクレジットカードは利用付帯とされている事が多いので、カード付帯の旅行傷害保険を使う場合は注意しましょう。