オススメはやっぱり王道!

松山に来たらとりあえずここ、道後温泉です。道後温泉は日本最古の温泉で3千年の歴史を持ち、聖徳太子も入浴したといわれています。 松山出身の俳人、正岡子規とその友人、夏目漱石も二人で訪れていたといいます。 また、道後温泉本館は、日本の重要文化財に指定されています。本館自体も昔ながらの建築で良い味が出ており、歴史が感じられます。

 

松山の道後温泉の魅力

松山の観光地で有名な道後温泉は「神の湯」と呼ばれるメインの大きな温泉。男性浴室は東西に2ヶ所あり、湯釜には、奈良前期の歌人、山部赤人(やまべのあかひと)の歌が彫られています。女湯では道後温泉の伝説の神様、大国主命の像が立っています。そして、入浴後は2階に上がるとおせんべいとお茶を頂くことができます。 また、道後温泉の前にある広場には、誰でも無料で入れる足湯があります。こちらは、朝の6時から夜の11時までとなっています。同じ場所に、「坊ちゃんからくり時計」などがあり、優雅なひとときを過ごすことができると思います。足湯には、女性がストッキングなどを脱げる場所も用意されており、とても便利です。 また、からくり時計は午前8時から1時間ごとに、音楽を流して坊っちゃんの登場人物たちの上演が始まります。一度見逃してしまっても、午後10時まで上演されますので安心です。

 

電車でのアクセスにもポイントが!

松山の市内電車で道後に行かれる場合は、ぜひ坊っちゃん列車にご乗車下さい。 坊っちゃん列車は、明治の歴史を感じられる蒸気機関車を模した作りになっており、車掌さんの制服もこだわりがあります。JR松山駅から乗り換えることができ、頻繁に出ているので、是非ご乗車下さい。